治安が悪いと知らずに買ったマンション

私はマンションを売却しました。

なぜ売却したかは、5人家族で住むには手狭に感じたからです。
3LDKだったのですが、夫婦の寝室と子どもたちの部屋が2つしかなく、収納場所にも困るようになっていました。

それに、県内では治安が悪い地区だったため不審者情報も跡が途絶えませんでした。小学生のこどもたちと過ごすには不安しかなかったですね。

なので、住んでいたマンションを売却して、一軒家を購入することにしたんです。
幸い、住んでいたマンションの利便性が良いのと、駅から近かったために、購入したときの値段に近い金額で売却できました。

築20年ほどで、広さは65平米、駅からは5分ぐらいで地下鉄の2線利用可能、階数は6階、東向の部屋で、スーパーやコンビニは1分、小中学校は5分ぐらいの立地で、3180万円で売れました。

高く売るコツは、その物件のよい条件を全面に打ち出して、不動産屋に売ってもらうことです。

例えば、築年数が浅いとか、小中学校が人気のエリア、駅から近い、広さ、高層階、駐車場が安い、スーパーやコンビニから近い、部屋がおしゃれ、公園が近い等です。

あと、売却には売るタイミングが重要です。
今、東京オリンピックで物件の値段が上昇しており、不動産の値段が上がっております。
また、税金が上がる前の需要もあり、物件自体が売れやすくなっています。

また、近隣の出来事もみて、売却のタイミングを決めましょう。
土地が再開発される、駅がきれいに改装される、近くにショッピングセンターができるなどです。
そういった様々な条件も含めて、物件の値段は変わります。

あとは、色んな不動産屋に会ってみましょう。
売却の手数料や、一番良い条件で売ってくれそうなところにお願いすることをお勧めします。

また、売却が決まってからもしっかりサポートしてくれそうなところもお勧めです。
もし、売れてしまってからトラブルになった場合に、しっかり間に入ってくれるかで、気苦労が変わってきます。

また、ほとんどの場合、値引き交渉があるかと思いますので、売却前からいくらまでの値引きに対応するのか話し合っておきましょう。

また、しっかりいくらぐらいの相場なのかを調べておくのも大切だと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です